茨城県後期高齢者医療広域連合

文字サイズの変更 標準 拡大
google
 

後期高齢者医療制度

  • ●制度の概要
  • ●よくあるご質問
  • ●事故等に遭われたとき

広域連合について

  • ●広域連合長あいさつ
  • ●広域連合の概要
  • ●広域計画
  • ●財政情報
  • ●運営及び運用状況
  • ●監査情報
  • ●例規集

議会・選挙

  • ●議会情報
  • ●選挙情報

広報

  • ●出前講座
  • ●広報資料
入札情報
各種申請様式
市町村専用ページ
リンク
ホーム > 制度の概要 > 保健事業

保健事業

 

第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)について

 保健事業実施計画(データヘルス計画)とは、レセプト(診療報酬明細書)や健康診査などのデータに基づき、被保険者の皆様の健康管理や疾病予防、重症化予防などを効率的に実施するための計画です。広域連合は、高齢者の健康の確保に関する法律第125条第5項に基づき、この「データヘルス計画」を策定することが定められています。
 茨城県後期高齢者医療広域連合では、平成27年度から平成29年度までを計画期間としている「第1期データヘルス計画」の次期計画となる、「第2期データヘルス計画」を、平成30年3月に策定しました。
 この計画に基づき、被保険者の健康の保持増進を図るため、各事業を効率的に実施していきます。

 

○計画期間

平成30年度から平成35年度までの6年間

※計画期間中に社会情勢の変化及びその他の事情により見直しの必要性が生じた場合には、随時見直しを行うこととします。

 

本文PDF

 〇第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)(平成30年度〜平成35年度)

 〇第1期保健事業実施計画(データヘルス計画)(平成27年度〜平成29年度)

 

 

健康手帳について

 茨城県後期高齢者医療広域連合では、被保険者の方々を対象に、お住まいの市町村後期高齢者医療保険担当窓口などで「健康手帳」を配布しております。

 

「健康手帳」とは?

 被保険者の方が、血圧や体重の記録、健康教育、健康相談などの記録の際に活用していただくものです。

 日々の健康管理が健康への第一歩ですので、ぜひご活用ください。

 

 

健康診査について

 茨城県後期高齢者医療広域連合では、被保険者の方々を対象に、糖尿病等の生活習慣病の早期発見及び健康の保持増進を図るため、お住まいの市町村と協力し健康診査を実施しています。

 

○対象者

 1.茨城県後期高齢者医療制度の被保険者

 

 2.次のいずれかに該当する方は、健康診査の対象外となります。

(1)
刑事施設、労役場等の施設に拘禁されている方
(2)
病院又は診療所に6か月以上継続して入院している方
(3)
障害者支援施設、のぞみの園の設置する施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、介護保険施設へ入所・入居している方
(4)
同一年度内に特定健康診査等の健康診断を既に受診している方
(5)
生活習慣病で医療機関において受診又は治療を受けている方
  ※(5)については、医師の判断により健康診査を行う必要があると認められた方は対象となります。

 

 

基本診査の項目

 

◆質問票(服薬歴、喫煙歴等)
◆理学的検査(身体診察)
 生活習慣の傾向や服薬の有無などを調べます。

 

◆身体計測(身長、体重、BMI)
 肥満度を算出するために、身長・体重などを測定します。

 

◆血圧測定
 心臓や脳血管疾患などの原因となる高血圧症を調べます。

 

◆脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロールなど)
 動脈硬化などを見つけるために、血清中に含まれる中性脂肪や総コレステロールなどを測定します。

 

◆血糖検査(空腹時血糖値又はHbA1c)
 糖尿病などを見つけるために、グリコヘモグロビン(ヘモグロビンとブドウ糖の結合したもの)の状況を測定します。

 

◆肝機能検査(GOT、GPT、γ−GTP)
 肝炎などの異常などを見つけるために、血清中に含まれるγ−GTP量などを測定します。

 

◆尿検査(尿糖、尿蛋白)
糖尿病や腎機能障害を見つけるために、尿中のブドウ糖量などを測定します。

 

 

○一部負担金(自己負担金)

 この健康診査を受診される方の一部負担金は、原則として無料です。

 ※お住いの市町村が、追加健診(心電図、貧血、眼底検査など)を実施する場合、一部負担金(自己負担金)が発生することがあります。

 

○受診するときの注意

1.健康診査は、原則として年度内に1回受診できます。

2.健診会場には、本人確認のために、ご自身の「後期高齢者医療被保険者証」を持参してください。

 また、お住まいの市町村から受診券や健康診査の通知などが届きましたら、それも忘れずに持参してください。

3.健康診査の結果は、受診者本人に通知します。

 また、茨城県後期高齢者医療広域連合とお住まいの市町村で保存し、必要に応じ、統計用データとして作成し、地域住民や 後期高齢者の健康の保持増進のため使用しますので、ご了承願います。

※なお、茨城県後期高齢者医療広域連合個人情報保護条例等に基づき、必要な個人情報保護対策を講じますので、個人が 特定できる取り扱いは行いません。

 

詳しい健康診査の日程、健診項目、一部負担金等については、お住まいの市町村の広報紙等でご確認ください。

 

 

健康診査の受診証明書発行について

 平成29年分の確定申告から実施される「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)※1」を申請する際、「健康の維持増進及び予防への取り組み」を証明する書類が必要となります。広域連合では、健康診査を受診された方が必要な場合、健康診査の「受診証明書」を発行しています。

 申請は各市町村の後期高齢者医療担当窓口にて受け付けます。

 証明書の発行には1週間程度かかりますので、時間に余裕を持ってご申請ください。

 

【申請に必要なもの】
 本人確認ができる書類
 印鑑

 

※1 「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」とは、健康の維持増進及び疾病の予防への取り組みとして「一定の取り組み」を行う個人が、平成29年1月1日以降にスイッチOCT医薬品(要指導医薬品および一般医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

 

セルフメディケーション税制の申請については健康診査受診証明書以外にも以下のものが一定の取り組みを行ったことを明らかにする書類として利用できます。

 

【利用可能書類】

・予防接種の領収書、証明書 ・がん検診等の領収書、結果通知書

・健診の結果通知書 ・人間ドックの領収書、結果通知書

・健康診査の結果通知書(保険者名記載が有るもの)

 

詳細については、厚生労働省ホームページをご確認ください。

厚生労働省

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

「一定の取り組み」の証明方法について

 

 

歯科健康診査

 

楽しくおいしいお食事を、いつまでも健康なお口で!

 

 茨城県後期高齢者医療広域連合では、平成28 年度から茨城県歯科医師会と委託契約を結び、歯科健康診査を実施しております。
 この事業は、後期高齢者医療の被保険者へ適切な歯科診療を促し、歯周疾患の早期発見に努めるとともに、口腔機能の低下や肺炎等の疾病を予防し、生活の質の向上に資することを目的としております。

 

○対象者

広域連合の被保険者で、下記の生年月日の方。(ただし、施設入所者等は除く)

  1. 昭和17年4月1日〜昭和18年3月31日生まれの方
  2. 昭和12年4月1日〜昭和13年3月31日生まれの方
  3. 昭和  7年4月1日〜昭和  8年3月31日生まれの方

※対象の方すべてに8月中旬以降に受診券を送付いたします。

 

○実施期間

平成30年9月1日(土)〜平成30年12月31日(月)

※ただし、歯科医療機関の休診日は除きます。

 

○実施機関

茨城県歯科医師会に属する歯科医療機関のうち、本事業を実施する歯科医療機関

実施歯科医療機関一覧(PDF形式)※平成30年9月10日更新

 

○受診手順

  1. 対象者すべてに「歯科健康診査受診券」「受診票」「実施歯科医療機関一覧」「健康手帳」を送付いたします。
  2. 受診を希望する方は、実施歯科医療機関に後期高齢者医療歯科健診事業で受診する旨を伝えて予約をしてください。
  3. 受診者は、受診当日に「被保険者証」「歯科健康診査受診券」「受診票」「健康手帳」「歯ブラシ」を持参してください。(受診票の問診項目部分(左半分)は事前に御記入願います。)

 

○健診内容

  1. 問診
  2. 歯の状態
  3. 咬合状態
  4. 口腔衛生の状態
  5. 口腔乾燥の状態
  6. 歯周組織・粘膜の状況
  7. 口腔機能評価
  8. 呼吸の異常
  9. 指輪っかテスト
  10. 反復唾液嚥下テスト
  11. 事後指導(セルフケアの歯ブラシ指導)等

※受診料は無料ですが、歯科健康診査後に引き続き治療を行う場合には別途料金(窓口負担)がかかります。

※「歯科健康診査受診券」等を紛失または汚損するなどし再交付を希望する場合は、茨城県後期高齢者医療広域連合 事業課(029-309-1212)に再交付の申請をしてください。送付には1 週間程度かかる場合がありますので、お早めにご連絡ください。

 

○実施歯科医院様へお願い

 

▲このページの先頭へ