茨城県後期高齢者医療広域連合

文字サイズの変更 標準 拡大
google
 

後期高齢者医療制度

  • ●制度の概要
  • ●よくあるご質問
  • ●事故等に遭われたとき

広域連合について

  • ●広域連合長あいさつ
  • ●広域連合の概要
  • ●広域計画
  • ●財政情報
  • ●運営及び運用状況
  • ●監査情報
  • ●例規集

議会・選挙

  • ●議会情報
  • ●選挙情報

広報

  • ●出前講座
  • ●広報資料
入札情報
各種申請様式
市町村専用ページ
リンク
ホーム > 事故等に遭われたとき

交通事故や傷害事件などで治療が必要なとき

 

《第三者行為による被害届》

交通事故や傷害事件など第三者(加害者)の行為によってけがをした場合、本来は加害者の負担により治療を受けることになります。

しかし、加害者がすぐに損害賠償をしないときなどは、保険証を使って診療を受けることが出来ます。その場合、必ず『第三者行為による被害届』等をお住まいの市町村後期高齢者医療担当窓口へ提出してください。治療費は後期高齢医療で一時的に立替払いをし、この届出に基づき、被害者(被保険者)の治療に要した費用などを事故の相手方(または加害者)、もしくは損害保険会社に請求を行います。

なお、自損事故でも給付制限に該当するか確認のため、届出が必要です。(詳しくは、“●給付が受けられないとき”をご参照ください。)

 

※手続きに必要なもの

 

○相手のある交通事故の場合

  1. 第三者行為による被害届
  2. 事故状況報告書
  3. 交通事故証明書
    →事故証明書が物件事故の扱いで届出をされている場合は、
    『人身事故証明書入手不能理由書』も必要です。
  4. 念書
  5. 誓約書

 

○自損事故の場合(単独事故のみ)

  1. 負傷原因報告書

 

○交通事故以外の第三者行為によるケガの場合

  1. 第三者行為による被害届
  2. 念書
  3. 誓約書

 

○届出書はこちらからダウンロードできます

 

○損害保険会社等(PDF)

※交通事故証明書は、お近くの警察署、交番、駐在所、運転免許センターで手続きをしてください。任意保険会社が一括対応を行っている場合は、既に持っていることがあります。

※示談は慎重に

加害者(第三者)から治療費を受け取ったり、示談を済ませたりすると、加害者(第三者)に対し治療費の請求ができなくなり、ご本人へ請求を行う場合があります。示談の前に、必ず後期高齢者医療担当の窓口に相談してください。

 

 

 

▲このページの先頭へ