茨城県後期高齢者医療広域連合

文字サイズの変更 標準 拡大
google
 

後期高齢者医療制度

  • ●制度の概要
  • ●よくあるご質問
  • ●事故等に遭われたとき

広域連合について

  • ●広域連合長あいさつ
  • ●広域連合の概要
  • ●広域計画
  • ●財政情報
  • ●運営及び運用状況
  • ●監査情報
  • ●例規集

議会・選挙

  • ●議会情報
  • ●選挙情報

広報

  • ●出前講座
  • ●広報資料
入札情報
各種申請様式
市町村専用ページ
リンク

広域連合長あいさつ

 

  茨城県後期高齢者医療広域連合長 豊田 稔

 

 平成29年6月10日から今後2年間、引き続き茨城県後期高齢者医療広域連合長の重責を担うことになりました北茨城市長の豊田稔でございます。

 

 当広域連合は、急速に進む高齢化や医療技術の進歩等により医療費が増える中で、現役世代と高齢者世代の負担を明確にすることにより、将来にわたって国民皆保険制度を持続可能なものとしていくために創設された「後期高齢者医療制度」を運営する団体として設立されました。

 

 当広域連合の被保険者数は、現在約38万人で、制度開始当初の約30万人と比較すると約26%増加しています。今後も、少子高齢化の進展により、被保険者が増加し、それに伴い医療費も増加していくことが見込まれています。

 

 そうしたなかで、国は、医療費の伸びが過大とならないよう、健康寿命の延伸と医療費適正化対策に大変力をいれているところであり、当広域連合においても、これまで各種保健事業に取り組み、被保険者の健康の保持増進に努めているところです。

 

 今後も保健事業や医療費適正化対策をさらに強化し、被保険者の皆様がお住まいの地域で安心して医療を受けることができるよう、県や各市町村とも緊密に連携し、後期高齢者医療制度の円滑な運営に万全の体制で臨んでまいりたいと考えております。

 

 県民の皆様をはじめ関係する全ての方々におかれましては、今後とも当広域連合の運営にご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。