1. ホーム>
  2. 広域連合について>
  3. 広域連合長挨拶・概要

広域連合について

広域連合長挨拶・概要

広域連合長あいさつ

豊田稔

 茨城県後期高齢者医療広域連合長 豊田 稔

平成29年6月10日から今後2年間、引き続き茨城県後期高齢者医療広域連合長の重責を担うことになりました北茨城市長の豊田稔でございます。

当広域連合は、急速に進む高齢化や医療技術の進歩等により医療費が増える中で、現役世代と高齢者世代の負担を明確にすることにより、将来にわたって国民皆保険制度を持続可能なものとしていくために創設された「後期高齢者医療制度」を運営する団体として設立されました。

当広域連合の被保険者数は、現在約38万人で、制度開始当初の約30万人と比較すると約26%増加しています。今後も、少子高齢化の進展により、被保険者が増加し、それに伴い医療費も増加していくことが見込まれています。

そうしたなかで、国は、医療費の伸びが過大とならないよう、健康寿命の延伸と医療費適正化対策に大変力をいれているところであり、当広域連合においても、これまで各種保健事業に取り組み、被保険者の健康の保持増進に努めているところです。

今後も保健事業や医療費適正化対策をさらに強化し、被保険者の皆様がお住まいの地域で安心して医療を受けることができるよう、県や各市町村とも緊密に連携し、後期高齢者医療制度の円滑な運営に万全の体制で臨んでまいりたいと考えております。

県民の皆様をはじめ関係する全ての方々におかれましては、今後とも当広域連合の運営にご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

広域連合の概要

茨城県後期高齢者医療広域連合について

急速に進む少子高齢化の影響を受け、医療費が経済成長率を上回って伸びていることから、国民皆保険制度の将来にわたる安定的な維持運営を図ることを目的として、予防を重視した医療費適正化対策、医療保険制度の再編・統合、新たな高齢者医療制度の創設等の所要の措置を講ずることを、「医療制度改革大綱」(平成17年12月1日政府・与党医療改革協議会)により決定されました。
これを受けて、平成18年6月21日に「健康保険法等の一部を改正する法律」が公布されたことに伴い、現行の老人保険制度が平成20年3月末日に廃止され、平成20年度から75歳以上の後期高齢者を対象とした新たな高齢者医療制度を創設し、都道府県の区域ごとに全市町村が加入する広域連合(特別地方公共団体)を平成18年度中に設立して運営することとなっております。
本県におきましては、平成18年8月18日に「茨城県後期高齢者医療広域連合設立準備委員会」が設立され、同年9月1日には県職員、市町村職員、国保連合会職員による事務局が発足し準備作業が始まり、平成19年1月24日に「茨城県後期高齢者医療広域連合」が設立されました。

組織図

茨城県後期高齢者医療広域連合の組織図

広域連合

(平成31年3月29日現在)

広域連合長 豊田 稔
副広域連合長 小谷 隆亮


各種委員

広域連合選挙管理委員 大木 安史
岡野 稔之
高村 和一
大久保 誠
広域連合監査委員(識見者) 小沼 均
広域連合監査委員(議員) 深谷 寿一
広域連合公平委員 内田 一廣
小林 由士郎
平塚 博

 

地図

マップ

所在地 311-4141
茨城県水戸市赤塚1丁目1番地ミオス1階
電話番号 総務企画課 029-309-1211
事業課(保健資格班) 029-309-1212/1213
事業課(給付班) 029-309-1214
会計室 029-309-1217
FAX番号 029-309-1126

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務企画課です。

〒311−4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1番地ミオス1階

電話番号:029−309−1211 ファックス番号:029−309−1126

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

茨城県後期高齢者医療広域連合ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る